丸屋自転車について

ご挨拶

 今、街にはたくさんの自転車が溢れています。そしてそれらの自転車の殆どは工場で大量に機械生産されたマスプロ自転車と呼ばれるものです。これらは比較的価格が安く、用途目的や乗り手の幅が広いといった特色があります。反面、ポジショニングも最大公約数的でピッタリ合っていませんし、使われているパーツも安価なものが多く、乗り心地もそれなり以上のものではありません。

 当然、このような自転車には満足出来ず、自分だけの早くて、格好のいい世界に1台しかない自転車が欲しいという人もいます。自転車に見る夢、目的は人それぞれ異なり、加えて体型、体力ともなれば同じ訳がありません。ファッション服に既製品、セミオーダー、オーダーメイドがあるように自転車にも乗り手のウオンツに応じた注文方法があっていいはずだと考えてきました。

 そこで丸屋自転車ではこの度、オーダーメイド自転車をご用意しました。その人だけの自転車ということで、個々のディメンションに基づく自転車です。そしてそのオーダーメイド自転車の特徴は乗り手の能力を最大限に発揮させ、乗り心地、操作感に大きな影響を与える自転車の基幹部である“フレーム”をビルダーと呼ばれる自転車職人が手作りしていることです。手作り自転車ということで一般的にはハンドメイド自転車と称されています。

 このハンドメイド自転車の“フレーム”に使われるパイプの素材はスチール、ステンレス、チタンなどです。これらは金属であることから自由に変形させることができ、工芸品的な“フレーム”やポップな“フレーム”も作ることができます。そしてそれを可能にするのは日本のビルダーの技量が世界的に高いからに他なりません。

 このような魅力あるハンドメイド自転車があるにもかかわらず、その存在も知らず、また、どこでどのようにしたら買うことが出来るのかを知らない人が多いのが現状でした。その背景として一般の自転車店では殆ど販売されず、一部の関係者間の口コミ営業での販売しかしてこなかったからです。この状況を打ち破るべく、丸屋自転車では世界の人に、この素晴らしい日本のハンドメイド自転車をオーダーメイドで買って頂けるようオンラインショップを開設致しました。これを機に、隠れた名品であった日本のハンドメイド自転車に光が当たり、世界の方々に乗っていただくことで、自転車に乗る楽しみ、所有する喜びを知っていただければビルダー並びに私ども丸屋自転車にとって望外の喜びです。

店主 飯島貴志

*丸屋自転車の前身は水戸下市川岸通り(旧町名)で江戸時代から続いた丸屋呉服店。
昭和20年8月の水戸空襲で被災し暖簾を下ろしましたが70年ぶりの屋号復活となりました。